超便利!Uberを使ってみた!

こんにちは。れん(@runranrunren)です。

先日、初海外・初一人旅でマレーシアの首都・クアラルンプールとシンガポールへ行ったのですが、超便利なものがありました。

それはUberです。

まじで便利だったので今回はUberについて紹介していきます!

あ、上の画像は僕じゃないです。

スポンサードサーチ

Uberとは

まず始めにご存知が無い方もいるかもしれないので、Uber(ウーバー)について、ご説明致します。

簡単に言うとアプリを使ってタクシーを呼べるサービスで、

ドライバーはタクシー運転手ではなくUberに登録した一般人。

タクシーよりもかなり安く、言うならば一般人が運転するかなり安いタクシーです。海外ではかなり普及していて、交通手段といえば電車ではなく、Uberです。日本では、現在東京の一部地域でサービスを開始しています。

Uberの使い方

1まずは行き先を指定(地図上でピンを指すこともできます)

2そして、配車を確定するというボタンをタップ

これだけです。

そしたら、自分が指定した場所にUberの運転手が来てくれます。

もし、間違えてしまってもすぐにキャンセルすれば大丈夫です。

配車確定をしてから最大2〜5分以内であればキャンセル料なしでキャンセル可能です。

ただし、5分を過ぎてキャンセルすると、

キャンセル料がとられるので注意!他にも、ドライバーを見つけたが、

目の前を通り過ぎてしまったということも結構あります。

その場合はほとんどキャンセル料をとられるので注意!

国によっても違いますがマレーシアでは5RM=約135円、

シンガポールでは○○SGD=約○○円

すみません。忘れました。(笑)

Uberのメリット

  • 行きたい場所をいちいち言わなくていい!

これが画期的!指定した行きたい場所をアプリ内でドライバーと自動でシェアしているからです!超便利ですね。

  •  ぼったくられない

海外のタクシーではチップが必要であったり、料金がよく分からずボッタくられることが。しかし、Uberであれば料金が明確であり、チップも不要!安心できます。

  • Uberは自家用車と時間さえあれば、だれでも稼げます。

実際、マレーシアではUberのフルタイムワーカーもいました。

初めてのUberドライバーが最高だった

Uberを初めて使ったのは現地時間で夜9時。

しかも治安が悪いと言われているマレーシア。海外の夜は危険と聞いていたので超ビビっていた。

ここでは簡単に言うがただのドライバーなのに本当に丁寧にしてくれた。

Uberは基本的にタクシーと同じなので行きたいところまで連れて行ってくれたらそこでバイバイなのに

このドライバーは違った。色々助けてもらったし、何よりマレーシアの観光スポットをいっぱい紹介してくれた。

でもいい人だけではない

Uberにももちろん欠点がある。これはドライバーによるが、シンガポールで出会ったあるドライバーにぼられた。

行き先を間違えらえたのだ。Uberはアプリ内で行き先を決定し、それを相手の端末と共有するのでまず間違えることはないと思うがなぜか見知らぬホテルの前へ。

「着いたよ」と言われたのでもう一度確認し、「携帯の画面を見せながらここじゃない

目的地はここからずいぶん離れてるよ」というと5秒ぐらい悩んだ顔をして、

「ここから真っ直ぐ歩けば着くよ」と言われ、絶対ドライバーが間違っているけどめんどくさかったので降りた。地図上で確認すると目的地に近づくどころか遠くなっていたが、カード払いだったので自動的に行きたかった目的地までのお金を請求された。

後で問い合わせして、ドライバーにミスがあったことが判明するとその分次回割引になるみたいだ。

ただ、申請もかなりめんどうだったのでやめた。

ドライバーによるけどこういうこともあるのがUber。

まあこれは多分珍しい。マレーシア、シンガポールで合計30回は使ったけど、他はみんなフレンドリーでい人だった。

まとめ

Uberは海外では一番主流な交通手段。タクシーよりも安く、便利!

それにEliasのように思わぬ良い出会いもある。

とりあえず、海外いく人は必須だから、登録してみるといいです。

アプリインストールはこちら。「renh399ue」招待コードです。よかったらどうぞ。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

Len

卒業後、フリーで生きていく高3。 学費・部費・医療費などを週6のバイトでまかない、お金について考えるようになったのが転機で東南アジアを1人旅したり、国内を持ち物スマホ1台で旅してました。 デザイナーです。